オリジナルのイラストや漫画を掲載している
ENN@BALMINGのblogです
最近よく考える事。
私は人ごみが嫌いだ。
人間が苦手だ。
大勢の人間がいるところにいると焦点が定まらなくなってどこを見ていいかわからなくなる。足がふらつく。息がしづらくなる。

最近はだいぶましになったけれど、やっぱり人ごみは苦手だ。
人の目が怖い。

わたしは弱い人間なので、人の目や評価をひどく気にする。
自意識過剰とかそんなんでなくって…。
よくわかんないんだけど、多分ずっとそうなんだと思う。
挫折ばかりだったからなのかもしれない。

どこにいても駄目な人間な気がする。
どうやってもいい人間にはなれないと思う。
でも死にたいと思う事はなくなった。
絶望もしなくなった。
人に期待をしなくなった。
人生とはそんなものだと思えるようになった。
ちょっとは柔軟になったんだろうか。

友達が泣いた事があった。
『いつまでも同じところをぐるぐるしている』とわたしに言った。正確な言葉は覚えていないけれど、多分そんな感じだった。
それから悲観的な事はあまり言わないようにするようになった。
大切な人を泣かせるなんて、なんだかショックだったから。

その友達が鬱なのだという。
わたしは優しい人間ではないので、きっと全然力にはなれないと思う。けど、何か彼女のきっかけとなれる何かが早く訪れればいいと日々考える。
わたしなんかよりも、ずっと人間関係は構築できるので大丈夫だとは思うけど、、、少しでも早くにその日が訪れてほしい。


ちょっと前に、夜天神を歩いているとき。
ロフトのそばだったんだけど、裸足の男の人が顔を覆ってまっすぐ立っていた。
足は真っ黒で、足以外も真っ黒で、路上で生活をしている人のように見えた。
でも裸足で荷物もなくって、道の割と真ん中で、ずっとそんな風に立っているなんてちょっと普通じゃない。
声をかけようか迷っていたけど、結局声をかけれなかった。
今でもすごく気になっている。
何か出来たんじゃないかな?でも何かってなに?
わたしが彼の立場なら、誰かに声を掛けて欲しい。
やっぱりあの時声を掛けるべきだったのかな。
なんだか思い出すと悲しい気分になる。
すっごくすっごく胸がモヤモヤする。


ずっと続く事なんてないから、わたしは明日が不安だ。1年後が不安だ。
住む場所があって、働く場所がある。
すごく幸せな事だと思う。
でもきっとずっとは続かない。
物事には終わりがある。
終わりが死ぬときなのか、死ぬより前なのかはわからないけど。

だから今に感謝して頑張って生きていかないと。
日記 - -
<< NEW | TOP | OLD>>